フォークコンサート "京の旅人"

〜懐かしくて新しいメロディが丸山に響く。〜

1970年代、フォークを愛する若者の憧れだった円山公園音楽堂。 そして昨年、杉田二郎やばんばひろふみによって新たな命が吹き込まれたこの聖地に、ふたたび熱い歌声が響きます。
さらにパワーアップした21世紀のフォークステージにご期待ください。

日 時
平成18年10月8日(日) 14:30開場 15:30開演
会 場
円山公園音楽堂 地図はこちら
出 演
ばんばひろふみ、南こうせつ、イルカ、加奈崎芳太郎、ビリケン、ソニン、秋人
料 金
公演終了しました。沢山のご来場ありがとうございました。

円山公園音楽堂。僕が大学生の頃、そこはフォークをやっている者にとって、聖地であり、目標だった。そして、その時代、京都に魅力があり、京都が輝いていた。40年近くの時が流れ、ふたたび「京都を文化・芸術の力で創生しよう!」と京都文化祭典が始まった。その思いを、フォークの力で、「円山発の熱いうねり」とし、この聖地を復活させ、次代を担うアーティストへと伝えていきたい。

京の旅人 チラシはこちら


ばんばひろふみ

1971年、『バンバン』を結成し、本格的にプロ活動をスタートさせる。’75年には『「いちご白書」をもう一度』がミリオンセラーを記録。’78年にソロデビューし、翌年には『SACHIKO』を大ヒットさせる。歌手として才能を発揮する一方で、テレビやラジオのパーソナリティーとしても独自のスタイルで若者の人気を集める。’02年には28年ぶりに『バンバン・コンサート』を開催。現在は京都に在住し、関西を活動の中心としている。

 


杉田二郎

1970年に森下次郎と『ジローズ』を結成。北山修と共作した『戦争を知らない子供たち』が大ヒットする。ソロアーティストとなった後も、『男どうし』などのヒット作を連発する。コンサートを中心に活動を続ける中、’86年から’87年にかけて『再会』がロングセラーを記録。その年の日本有線大賞協会選奨を受賞する。また、アルバム『Love Letter〜杉田二郎 吉田正を歌う〜』は’92年の日本レコード大賞企画賞を受賞した。

南こうせつ

1970年デビュー直後に『かぐや姫』を結成。『神田川』などがミリオンセールスを記録する。ソロ活動開始後も、武道館公演や各地でのビッグイベント開催、アメリカでのCDリリースなど、意欲的な活動を続けている。

イルカ

1974年にソロデビューし、翌年に『なごり雪』が大ヒット。シンガーとしての地位を確立する。毎年全国ツアーを続ける一方で、絵本作家としても活動。04年7月にはIUCN国際自然保護連合の初代親善大使に就任した。

加奈崎芳太郎

1971年『古井戸』として『唄の市第一集』でレコードデビュー。 80年にはソロ活動をスタートし、翌年には全国100か所ライブツアーを成功させる。94年には映画『119』で日本アカデミー賞音楽賞を受賞した。

ビリケン

Vo.&Ag.『ビリーみやの』とラップ 『オクダケン』の二人によるユニット。2003年に『なごり雪』をリリース。フォークソングにヒップホップを融合させた『ヒップフォーク』で幅広い世代のハートをつかんでいる。

ソニン

2000年『EE JUMP』としてデビュー。5枚のシングルリリースを経て、02年『カレーライスの女』でソロデビューを果たす。シンガーとして楽曲を発表する一方で、ドラマや映画、舞台など積極的に活躍の場を広げている。

秋人

ロックバンド『ROOSE』のボーカルとして活動の後、1992年にソロ活動開始。ラジオパーソナリティーや詩集の執筆など、幅広く活躍している。04年にはシングル『サクラ』を05年にはミニアルバム『旅路』を発表した。

フォークコンサート「京の旅人」協賛企業

私たちは、フォークコンサート「京の旅人」を応援しています

◆ウライ(株) ◆京つけもの西利 ◆京セラ(株) ◆京都青果合同(株) ◆(株)キング ◆(株)聖護院八ツ橋総本店 ◆(株)ゼロ・コーポレーション ◆大日本スクリーン製造(株) ◆宝酒造(株) ◆(株)トーセ ◆(株)フクナガ ◆(株)堀場製作所 ◆村田機械(株) ◆(株)村田製作所 ◆吉忠(株) ◆(株)ルシアン ◆(株)ワコールホールディングス ◆ワタベウェディング(株)

*7/1現在 五十音順

>>ページトップへ戻る